2011年11月30日

VOY第8話 Ex Post Facto 「殺された者の記憶」

冒頭でいきなりパリスが捕まっていて、残酷な刑が執行されている最中でした。ちょっとびっくり。

++++++++++
ヴォイジャーは技術を学んでアルファ宇宙域への旅を短くするべく、キム少尉とパリス大尉をベニーン星に送るが、帰還したのは瀕死のキムのみで、パリスは殺人罪で裁かれたという。

パリスを救うため、ヴォイジャーはベニーンに向かうが、ニーリックスによればベニーンと敵対するニューミリの動きが、奇妙だという。
++++++++++

この回では、トゥヴォックが精神融合でパリスの受けている刑を体験するシーンがあります。ヴォイジャーでは、TOSのころたまにしか出なかった精神融合が、けっこう出てくるような気がします。
posted by mikimaru at 22:15| Comment(0) | 視聴日記

VOY第7話 Eye of the Needle 「ワームホールの崩壊」

やっとつながったアルファ宇宙域への細い道。ですが向こう側には、距離以上に遠い事情がありました。

++++++++++
キム少尉がワームホールを発見する。25%の確率でアルファ宇宙域につながっているが、まずは確認のため近くまで移動してみると、それは直径がわずか30センチのものだった。

探査機を出して調べてみると、ワームホールの向こう側で、極秘任務に当たっていたロミュラン艦が探査機を調べていた。交信し、ぜひ連邦に自分たちの失踪理由を伝えてほしいと告げるジェインウェイらだったが、トレスは技術を駆使すれば全員を転送できるのではないかと考える。

だがトゥヴォックには、別の問題点が見えていた。
++++++++++

今回のエピソードでは、ケスが医学の勉強を本格的に開始し、ドクターを人間らしく扱うようにジェインウェイに進言します。ドクターは正式に医療部長となりました。
posted by mikimaru at 22:10| Comment(0) | 視聴日記

VOY第6話 The Cloud 「星雲生命体を救え」

コーヒーが飲みたいジェインウェイ艦長、いつになったら飲めることやら?

++++++++++
フード・レプリケーターのパワーを節約するため、ニーリックスはクルーらに手料理をふるまい、ケスは水耕栽培で育てた野菜を提供するが、乗員の士気は上がらない。

ジェインウェイは星雲を見つけ、その向こう側にパワーの供給源となる物質があるかもしれないと、通常なら避けた方が無難である星雲の中へと突き進む。

ところがその星雲は、普通の星雲ではなかった。
++++++++++

まだドクターがホログラムとしてないがしろにされている状態で、今回も気の毒なくらい無視されます。
だんだんと重要クルーになっていくドクターですが、初期は悲惨でしたね。。。
posted by mikimaru at 22:05| Comment(0) | 視聴日記

2011年11月29日

VOY第5話 Phage 「盗まれた臓器」

肺がなくなっても、ホログラムのドクターはすごい技術を思いつきました。

++++++++++
どれほど船体が不調でも、ドックにはいって修理をすることができないヴォイジャーは、つねに必要物資を現地調達しなければならない。ニーリックスの案内でたどり着いた惑星を調査していると、生命反応がないと思われていた場所から何者かが現れた。不意を突かれたニーリックスは、肺を奪われてしまう。
++++++++++

医者でもないのに一般人でも高度な医療技術を持つその方々、ぜひもっとまっとうな方向に技術を使っていただきたいものです。。。
posted by mikimaru at 21:20| Comment(0) | 視聴日記

VOY第4話 Time and Again 「24時間の過去」

ケスは重要キャラクタですが、服装や身のこなしなどがときとしてとても幼く演出されています。これは彼女が寿命9年のオカンパ人であることに由来するのでしょう。演じた女優さんは、とても魅力的な方です。

++++++++++
付近の惑星で大規模な爆発があり、ヴォイジャーは衝撃波を探知する。上陸班を編成し調査に向かうと、パリス大尉とジェインウェイ艦長が姿を消してしまう。

かつては超能力を有していたオカンパ人の末裔であるケスによれば、存在する時間が異なるだけで、ふたりはまだ爆発していない時間のその星に、存在しているという。
++++++++++

印象的といえば印象的な話ですが…。こういう「ほんとうのことは登場人物らではなく、視聴者だけが知っている」というのは、あまり回数が多いと、新鮮みがなく感じられることも。
posted by mikimaru at 21:15| Comment(0) | 視聴日記

VOY第3話 Parallax 「ブラックホールからの脱出」

クリンゴンの母譲りで負けん気が強いトレスが、ジェインウェイ艦長と少しずつ気持ちを通じさせることとなるエピソードです。

++++++++++
マキのメンバーをエンタープライズに乗艦させ、クルーとして共同で地球を目指すことにしたジェインウェイだったが、副長となったチャコティの元にはマキのメンバーらが訪れ、反乱を起こすなら従うと発言するなど、一触即発の緊張感に満ちていた。

チャコティはトレスを主任機関士に推すが、けんかっ早いトレスをジェインウェイはどう判断したらよいか考えがまとまらずにいた。

やがてヴォイジャーは、イベントホライゾンの近くでいまにも引きずりこまれそうになっている宇宙船を発見し、助けようとするが、万策が尽き、いったんはその場を離れようとする。だが自分たちもまたその場から逃れられないことに気づいた。
++++++++++

パリスじゃないですが、わたしも「へ、なんでそうなるの」と、時間が前後する現象についてはよくわからなかったですが、まあ、よしとしましょう。
posted by mikimaru at 21:10| Comment(0) | 視聴日記

2011年11月24日

VOY第2話 Caretaker, Part 2 「遥かなる地球へ(後編)」

Caretaker(吹き替えでは「管理者」)によって、故意に呼び寄せられたことを知ったジェインウェイら。管理者の話を聞くことになります。

++++++++++
ヴォイジャーは事故で飛ばされたわけではなく、ある大きな存在に呼び寄せられたことに気づく。それはオカンパ人がかつて繁栄をきわめた星を不用意な行動で砂漠化させてしまったことに責任を感じ、自分の死後に宇宙ステーションを運営できる存在を探していたのだった。

マキのメンバーからエンジニアのトレス、ヴォイジャーのメンバーからはキム少尉が、管理者にさらわれてしまう。
++++++++++

地下から地上まで、文字通り這い出してきて脱出するシーンが印象的です。
ケスとニーリックスは、艦内に残ることになります。デルタ宇宙域に詳しいニーリックスを案内役に、ヴォイジャーは地球を目指します。
posted by mikimaru at 21:45| Comment(0) | 視聴日記

VOY第1話 Caretaker, Part 1 「遥かなる地球へ(前編)」

ヴォイジャーの録画を見ながらメモをしておいたあらすじを、これから数話ずつまとめて掲載します。

++++++++++
ゲリラ組織「マキ」に潜入捜査させていた部下(バルカン人のトゥヴォック)の安否を気遣い、ヴォイジャーの艦長キャスリーン・ジェインウェイは2週間の予定で特殊任務のチームを組む。そのメンバーには保護観察期間中である元連邦士官のパイロット、トム・パリスも含まれていた。

マキの宇宙船を探していると、7万光年の彼方であるデルタ宇宙域に、ヴォイジャーは飛ばされてしまった。
++++++++++

連邦士官でもマキでもない重要メンバーとしては、短命の種族でかつて超能力があったオカンパ人の末裔である少女ケス、そのケスをいとおしく思いヴォイジャーの力で彼女を救い出そうと画策するタラクシア人のニーリックスが登場です。
posted by mikimaru at 21:35| Comment(0) | 視聴日記

VOY視聴日記をスタートさせます

10月から曜日に関係なく早朝スタートしているヴォイジャーですが、録画で40話分くらい進んでいて、わたしが見たのは12話までです。
放送に追いつくことはしばらくないと思いますので、何日かに一度の割合で、数話ずつ視聴日記をまとめて掲載予定です。

なお、TNGまでは記載日ではなく放送日の日付でブログにしていましたが、ヴォイジャーはそういうわけにはまいりませんので、記載日の日付で数話ずつになります。

では、ぼちぼちスタートです。
posted by mikimaru at 19:55| Comment(0) | お知らせ

2011年11月16日

TNG第177話 All Good Things... Part 2 「永遠への旅(後編)」

Qはピカードの行動次第では人類が滅びると警告します。

++++++++++
三つの時間を頻繁に行き来するようになったピカード。過去と現在の時間帯にデブロン星系で発生している大規模な時空のゆがみが、未来でも生じているはずだと、昔の仲間たちの協力を仰いですでに渡航困難となった星系に自ら赴く。だがそこには、とくに何もなかった。

未来のデータから教えてもらったタキオン照射の方法を過去や現在のデータにも伝え、同じ方法でひずみの解明につとめるピカードだったが、やがて自分がこのひずみのきっかけではないかと思いたつ。そしてピカードらは、すべてを終わらせるため、三つの時間帯すべてで同じ行動に出ようとする。
++++++++++

…いや、これね、う〜ん、Qは原因を作ったも同然ではないかと思うのですよ(^^)。だってそもそも、時代をいったりきたりするのはピカード個人の能力を超えているわけで、Qがさせなければ行き来はできない。それなのにピカードのせいにされても。

つまり「また、試してみました」という話なんですよね。もちろん、じゅうぶんに楽しめましたけれども。

さて、新スタートレックことTNG (The Next Generation)は、これにて終了です。
スーパードラマTVでは、先月から早朝にヴォイジャーの放送をはじめており、わたしも録画はしていますがなかなか視聴できていません。

のちほど、ヴォイジャーもまたこうしてブログ形式で書いていきたいと思います。よろしくお願いします。
posted by mikimaru at 19:55| Comment(0) | 視聴日記