2012年06月09日

VOY第105話 Latent Image 「ドクター心の危機」

ドクターが、自分の過去に疑問をいだきます。

++++++++++
ドクターはキム少尉の体に、過去二年以内に自分が執刀したと判断できる手術跡を見つける。だがそういった記憶がいっさいなかった。

その時期を特定しようと過去のデータをさかのぼって調べるが、不思議なことに関係ありそうなものは削除されていた。ようやく、ジェタール少尉という女性がこの件に関係しているとわかるが、彼は自分がいくら調べてもそのデータを消して回ろうとする力の存在に気づく。カメラを仕掛けてコンピュータに近づく人影を確認すると、それはジェインウェイ艦長だった。

++++++++++

ドクターの過去をふたたび消すかどうか、ジェインウェイは悩みます。そんなとき、セブンの言葉がきっかけとなり、ジェインウェイは決断します。
posted by mikimaru at 22:55| Comment(0) | 視聴日記

VOY第104話 Counterpoint 「偽りの亡命者」

テレパシー能力が規制される地域を移動中のヴォイジャーです。

++++++++++
テレパシー能力を持つ人々が迫害を受けている地域を航行中、テレパスの一団を保護しワームホールまで案内していたヴォイジャーに、何度も捜査の手が伸びる。そのたびにテレパスおよびトゥヴォックらテレパシー能力のあるクルーを見つからないように隠してきたが、度重なる検査に一同は疲労していた。

そんなとき、検査する側であるはずの男が、ヴォイジャーに個人的にやってきて、実は亡命したいと取引を持ちかける。先方の情報を提供し、次回は検査につかまりにくいようにするという。

++++++++++

ジェインウェイ艦長、海千山千。。。(笑)
posted by mikimaru at 22:45| Comment(0) | 視聴日記

VOY第103話 Infinite Regress 「遙かなるボーグの記憶」

セブン・オブ・ナインが、あたかも多重人格のようなふるまいを見せはじめます。

++++++++++
ヴォイジャーは長距離スキャンにより、ボーグが破壊した残骸を探知する。ボーグはときとして残骸を拾い集めにもどってくるため、ヴォイジャーは迂回に進路をとる。

セブンが情緒不安定になり、多重人格のような症状を見せはじめる。そのころ、かつてボーグ集合体に病原性ウィルスを感染させる目論見があり、その目的のため故意に同化される道を選んだ人々がいることがわかる。セブンはその神経ウィルスに深く影響を受けていた。

++++++++++

いったんことは収まりますが、このモチーフは、あとでボーグチャイルド(とくにイチェブ)が登場するときに、生きてきます。
posted by mikimaru at 22:35| Comment(0) | 視聴日記